AGA治療の部分別に解説!若ハゲ対策で掛かる治療費用のお値段は?

若ハゲの種類は4種類に分類する事ができ、それが徐々に進行してゆき、最終的には全部の毛根が死滅します。この進行度合いでAGA治療に必要な治療費用が変わってきますので、ハゲの種類と進行度合いを解説してから治療費用の目安をご紹介します。

一番大切な事はAGA治療を始めるなら早い方がいいという事です。なぜならば早期治療を始める事で早く完治する事が出来るので、治療にかける費用も低く抑える事が出来るからです。

ハゲの進行タイプは4種類

AGA治療に掛かる治療費用のお話の前にどんなタイプの若ハゲがあるのかをご紹介します。まずは前髪が中心部分を残して後退していく「M字型」、次にオデコの面積が徐々に増える「U字型」、3番目につむじの部分が大きくなる「O字型」、最後に前者の3タイプが複合しておこる「複合型」の4種類になります。

それぞれどんな若ハゲか、想像はつくと思います。最終的には全ての毛根が死滅していわゆる「ツルッパゲ」になってしまいます。このツルッパゲ状態になる前にハゲの進行を食い止めるのがAGA治療であります。ちなみにツルッパゲ状態になると治療は不可能で、カツラや植毛といった別の方法でハゲを隠すしかなくなります。

費用を抑える秘訣は早くAGA治療を始める事!

どのタイプの若ハゲでも早く治療をすればするほど、治療費用は安くなります。その理由はAGA治療をする範囲が狭いので直ぐに完治させる事が出来るため、また完治が直ぐに出来るので治療期間も短くすることが可能であるからです。

言われてみれば当たり前、と思われるかもしれませんが「まだ気にする程じゃない」といってズルズルと治療をせずに放っておく方が結構いらっしゃるので、「なんだか最近生え際が…」と感じたら直ぐにお医者様に相談していただく事をおすすめします。特に若ハゲのAGA治療は保険外診療なので、治療費用は全額自己負担で高額になる傾向があります。

進行度別治療費用の目安をご紹介

まずは若ハゲに対して行うAGA治療の方法には大きく分けて「内服薬・外用薬治療」・「成長因子注入」の2つに分類できます。前者は文字通り、薬を飲んだり塗ったりする治療です。それに対して「成長因子注入」は簡単に説明すると毛根の髪を作り出す効果を高める薬を直接頭皮に注射するという方法です。

またAGA治療を行っているクリニックもAGA専門クリニックと皮膚科クリニックの2種類が存在しています。例外もあるのではっきりと区分する事は出来ませんが、AGA専門クリニックは全ての治療法を行う事ができ、皮膚科クリニックでは基本的に「内服薬・外用薬治療」を主体に治療を行うとイメージしてください。

クリニックの選び方ですがとりあえず皮膚科のクリニックを受診してください。一般的には皮膚科で治療を行った方が治療費用が安く済むからです。ただし症状が進行していて、皮膚科の先生が「これは専門クリニックの方がいい」と判断すれば、専門クリニックに掛かりましょう。

気になる治療費用の目安ですが、皮膚科で対応できるのなら大体1万円台で数カ月に一回の支出で済みます。専門クリニックですと数万円が毎月掛かると考えてください。早期発見して皮膚科で治療できれば、いかに安く治療できるかが実感できると思います。

まとめ

ここでご紹介した若ハゲの治療費用はあくまで目安ですので、最終的にはご自分でクリニックに聞かれてみないと確かな事は判りません。その先生が推奨する治療法によっても金額はまちまちです。AGA専門クリニックでもカウンセリングだけなら無料で行ってくれる所や皮膚科の診察だけなら数千円で行える所もありますので、ご自分で納得できるクリニックを見つけていただくのが、最もいい方法になります。

一つだけいえる事はAGA治療は信頼できる専門家の意見に従えば、一番いい結果を得られると思います。

AGA治療や効果に関するコラム

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、AGA治療クリニックの公式ホームページをご確認ください